京都の不動産のことなら株式会社コミュニティ・ラボへ!




ビル リノベーション/コンバージョン。 古いものを壊し、新しいものを建てる。その方がコストパフォーマンスの高い場合もありますが、多くの建物は立て直さずに利用した方が経済的です。

>もっと詳しく

事務所 サービスオフィス/シェアオフィス。 「空事務所」の看板がかかる古いビル。新しいビル、立地の良いビルに勝つ為には、勝つ為の新しい価値を与える必要があります。

>もっと詳しく

住宅 レジデンス/シェアハウス。 少子高齢化/人口減少。日本全体で見ればそうですが、エリア毎に事情は異なります。京都は街中に多くの大学のあるエリア。築年数が古いのは問題ではありません。

>もっと詳しく




オーナー様へ

自宅のリノベーション工事であれば好みに合わせて好きなようにすれば構いませんが、収益物件の場合は「リノベーション工事をする事でどれだけ賃料がUPするか?」を考える必要があります・・・

>くわしくはこちら



建設会社様へ

耐震性能の足りていない物件、設備仕様が陳腐化してしまった物件、外観がみすぼらしくなってしまった物件。すべて、建設会社さまの手によってオーナー様の望む状態にすることができます。

>くわしくはこちら

京都の不動産情報なら、コミュニティラボにお任せ下さい! マンションや一戸建てなどの不動産売買から賃貸用の不動 産物件まで、あなたにピッタリの京都の不動産情報がきっと 見つかります。 どんな不動産をお探しですか?数ある京都の不動産情報か ら、あなたの気になる情報を提供いたします。
第1回 エッジのきいた回廊型マルシェ

「毎日は行かないけど、1ヶ月に1階は行きたい」
そんな場所が好きです。

画像は「食とデザイン」がテーマのリノベーションビル「KYOCA Food Laboratory」2階の平面図イメージ。

「蜂蜜屋さん」「オリーブオイル屋さん」「塩の専門店」といった特化型食材店、「伝統工芸の食器店」「テーブルクロス/エプロンのお店」といった「食事周りの物販店」、そんなお店がたくさんあれば定期的に行きたくなります。

1のスペースでは各テナントさんが週代わりでイベントを開催。ワゴンを置いての対面販売。2にはカジュアルなカフェがありカフェスペースとイベントスペースがシームレスな空間に。。。

階段から回廊に向かう動線とは反対側にあるデッドスペースでも、楽しげなコトが行われていると飽きません。似顔絵、ジャグリング、占い。学園祭の延長見たいなパフォーマーがいいですね。「大規模ショッピングモール」のような垢抜けたイベントだと、当たり外れもあり「出会い」が望めません。

「KYOCA Food Laboratory」では、現在テナント募集中。そんな場所で店舗を出したい!そんなスペースを一緒に作りたい!と言う方、お問合せ御待ちしております。

※ 上記の文章中の店舗は実際の予定テナントではなく、「あったらいいな」の空想で書いています。
※ 不動産物件は実在します。テナント出店希望の方は、弊社迄お問合せ下さい。